「予防は治療に勝る」-データ健康診断

 

パソコンはとても便利で、今や私達の生活に欠かせないものです。
一方でパソコンを長く使用していると、パソコン内のパーツが消耗してきたり、経年劣化してくる部分があります。
そのままの状態で使用し続けると、いずれパソコンは動かなくなります。
特にデータを保存するハードディスクにトラブルが発生している場合には、
データを救出するのに莫大な費用がかかったり、場合によってはデータを諦めるしかありません。

  1. 読込速度が遅い
  2. パソコンフリーズすることがある
  3. 異音がする
  4. HDDの不正な取り出し
  5. ノートパソコンをよく持ち歩く
  6. パソコンを1年以上使用している
  7. パソコンが立ち上がらないことがある

上記の症状のうち、当てはまる項目はいくつありましたか?
一つでも当てはまる項目があれば要注意です。
突然にパソコンが動かなくなったり、場合によってはデータが消失してしまうリスクがあります。
今すぐハードディスクの健康診断を受けることで、データをリスクから守ってください。

健康診断の料金:無料(先着30名,完全予約制)
所要時間:30分~60分
健康診断対象:パソコン内蔵HDD、ノートパソコン内蔵HDD、外付けハードディスク等のストレージ装置

パソコンに症状がないときは、検診へつい足遠くなってしまうものです。
しかし、早期には自覚症状が無く、症状が現れた時にはかなり進行しているというケースは少なくありません。
ほとんどの場合は、発見が早ければ早いほど、復旧出来る確率が高くなります。
予防は治療に勝る」という諺にもあるように、「故障するまで使用する」のでは、代償が高くつき過ぎますので
1年に1回、定期的にハードディスク健康診断を受診し、データの健康を保ちましょう。

發表迴響

你的電子郵件位址並不會被公開。 必要欄位標記為 *